ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

映画感想:「特捜部Q キジ殺し」 第一作よりも見応えを増した第二作。過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫る。

 

 

前作に比べて見ごたえを増して来た、デンマーク発のサスペンス第二段。

過去と現在を行き来しながら、徐々に謎が明らかになる展開が相変わらず面白いです。

おススメ度:★★★★★

 

特捜部Q キジ殺し(字幕版)
 

 

 

目次

 

基本情報

2015年/デンマーク

監督:

キャスト:

上映時間:

 

 

あらすじ

女性弁護士行方不明事件を解決し、警察内での地位を上げた、未解決事件専門の特捜部Q。

 

カールとアサド、そこにローセという秘書が加わった。

 

ある日、カールにある老人が声を掛ける。

その老人は元刑事で、20年前の、解決したはずの双子殺害事件の再捜査をお願いした。

他に未解決事件を多く抱えていたカールは、それを断る。

 

しかし、その老人はその二時間後に、手首を切って自殺する。

 

責任を感じたカールは、50件を超える未解決事件の捜査を後にして、その事件の再捜査を始める。

 

そこには、お金持ち専門の弁護士、実業家として成功した男と、高校時代に交際していた女が関わっていた.....。

 

彼らの高校時代に何があったのか.....。カールとアサド、ローセは入り組んだ事件の捜査に乗り出す。

 

 

感想

f:id:naocchi3:20180926151807p:plain

 

デンマーク初のサスペンス映画の第二作です。

製作陣は「ミレニアム」と同じです。

 

前作「檻の中の女」が、けっこう面白かったんですが、「ちょっとサクサク進み過ぎて物足りないかな....」という感想を抱きました。

 

がが、本作は見ごたえを増し、より深さと重みがある映画になっていました。

 

ヨーロッパらしい暗くてどんよりした雰囲気は健在。

20年前の高校で、美少女とお金持ちのイケメンの間に、いったい何があったのか......。

 

現在と過去を行き来しながら、悲しい過去が明らかになります。

それが、双子の事件と大きく関わって来るのです。切なくて、とっても悲惨です。

 

どちらかと言うと、前作よりも本作が傑作でしょう。見逃している方はぜひ。

 

 

カールとアサドおコンビが健在。

f:id:naocchi3:20180926150045p:plain

 

第一作同様、未解決事件専門の「特捜部Q」には、真面目で熱いカールと、アラブ人のアサドがいます。

 

そこに新たに、ローセという女性秘書を迎えます。冒頭のシーンで、偉い人から称賛されます。

 

前回はただの左遷部署だったのですが、事件解決を受けて、地位が上がったんでしょうねぇ~。秘書を付けるほど予算も増えたようなので、良かった良かった。

 

カールは基本的に熱くて優秀な刑事なんです。問題を起こして左遷されてましたが。

今回も上司と対立するシーンが何度か見られます。ホント熱いです。

 

アサドはアラブ人のデカで、基本的に冷静で熱いカールとは少し対照的です。

カールが後先考えずに突っ込む時にも、彼は落ち着いた様子を見せます。

 

この二人のバランス感が、ちょうど良いですね。良いコンビです。

この二人を長く見ていたいなぁ.....。長いシリーズになる事を祈っています。

 

頑張れ、カール&アサド。あぁ、ローセもね。

 

 

事件の真相は20年前にさかのぼる。美少女とお金持ち少年の間に何が.......。

f:id:naocchi3:20180926151018p:plain

 

さて、ストーリーの方は、前作よりも見ごたえが増しています。

前作も面白かったんですが、1時間30分という短い尺で「もう少し観たいなぁ」と思いましたからねぇ....。

サクッと上手い具合に進んでしまうののも、ちょっと物足りなさを感じましたね。

多分、上下巻を一本にまとめたからでしょうね。「ミレニアム」も、第一作で一冊400pほどの上下2冊構成になっています。

原作を読んだ後に映画を観ると、「色々はしょってんなぁ」と思わざるを得ないです。まぁ、それでも面白いんですが。

 

まぁ、良いんです。話を戻しましょう。

 

左遷部署から正式な部署に格上げされた特捜部Qは、カールとアサドのコンビニ加え、ローセと言う女性秘書を迎えて再スタートします。

 

前回の事件解決を受けて、警察内での地位を不動のものにした特捜部Q。

女の秘書を雇うほどの予算もついて、知名度も増していきました。

 

ある日、カールが帰り道に老人に話し掛けられます。

「特捜部Qのカールだね?」と、そのおじさんは、20年前の双子殺害事件を再捜査して欲しいとお願いします。ちなみにこの人は、元刑事です。

 

部外者にも、その名が知れ渡るようになったんですねぇ。良かったねぇカール。

 

しかし、その依頼をカールは断ります。未解決事件が溜まっていたからです。

格上げしたからって、所詮は弱小部署ですから。そんな事をしていると、身が持ちません。既に解決した事件を操作する余裕は、無い訳です。

 

しかし、そこで事件が起こります。依頼してきたその元刑事のおじさんが、自殺してしまいます。

 

真面目なカールは、それに責任を感じ、捜査を開始します。

もちろん、アサドは反対しますが、カールの勢いは止められず。彼らは、20年前の事件に突っ込んでいくのです。

 

その双子の殺人事件の発生時に、「キアステン」という女から通報があった事が分かります。

彼女は俗にいうお嬢様学校に生徒でした。カールは、ローセに同級生に電話を掛けろと言います。

ローセは嫌がりますが、カールは「よろしく」と言い残します。とてもらしいですね。

 

んで、必死の電話調査の結果、キアステンは20年前の高校時代に、ディトリウという男と交際していた事が分かりました。

このディトリウという男は、 現在は実業家として成功している有名人です。

 

ディトリウは現在は妻子がいます。そして、事件を担当した弁護士クルムともつながっています。

実際にディトリウに会って話を聴いたカールとアサドは、やはり怪しさを覚えます。彼とキアステンに的を絞って捜査を進めます。

 

時は戻って、20年前。お金持ちのディトリウと、美少女のキアステンは、仲良く交際していました。

キアステンは一人でいる事が多い、ちょっと浮いた生徒でした。しかし、ディトリウとその仲間たちと居る時は楽しそうにします。

 

しかし、その愛は、キアステンの一方通行にも見えます。

ディトリウは時折、冷たい態度を見せたり、ムリなお願いをキアステンに頼みます。

この辺からも、二人の関係は、後に悲劇的な終わりを見せるんだなぁ......という予見をさせます。

 

そして、捜査をしていくと、20年前の真相に徐々に近づいていきます。

 

ディトリウらは高校時代に数々の事件を起こしていました。

そこにキアステンや、現在も行動を共にするウルレク、さらに事件の犯人となり有罪となったビャーネと共に、数々の強姦などの事件を繰り返していたのです。

 

カールとアサドは、事件のカギを握っているであろうキアステンを探し、話を引き出そうとします。

 

しかし、同じころ、ある人物がキアステンを探し始めます。

 

 

そして、やはりキアステンとディトリウの関係は悲しい終わりを迎えます。

キアステンは、大きな傷を負ってしまうんです。事件を通報したのと関係してきます。

 

カールとアサドは、ディトリウを追い詰めるが.......。果たして彼らを捕まえることが出来るのか?

ラストも、結局悲しいんですよ。悲惨な過去を持つキアステンは、結局救われないというか.....。

 

20年前と現在を行き来しながら、だんだんと事件の真相に迫っていく展開に見ごたえありです。

20年前のお話も、非常に悲しくて胸糞悪いです。その真相にカールとアサドが迫っていきます。

カールとアサドもそうですが、この美少女とお金持ちの話もすご~く面白いんです。

 

 

ミレニアムもそうですが、ヨーロッパの映画って妙に暗いんですよね。

アメリカ映画とは明らかに違った雰囲気を楽しめるでしょう。特にサスペンスには向いています。

 

 

そう言えば、「ミレニアム」でも同じなんですが、本作も女性がかなり酷い目に遭ってしまいます。

北欧だと、そういう傾向があるのでしょうか?だとしたら、人権維持団体が黙ってませんね。

日本の死刑制度に文句を言っている暇があったら、ぜひスウェーデンデンマークの女性を守りましょう。そのための人権でしょ?

 

 

関連記事

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。