ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

読書の感想:『読みたいことを、書けばいい』 「書く」とはモテないし孤独だけど楽しい。

こんちわ、なおっちです。最近はまた本を読んでいます。

今回紹介するのは、『読みたいことを、書けば良い』です。

電通のライターの田中泰延さんの著書です。すごいタイトルですね。「読みたいことを書け」とはwww。

 

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

 

 

いちおう、書店では、「ビジネス書」という所に置いてあると思います。

しかし、本書、「読みたいことを書け」なんて、ビジネス書でも、ノウハウ本でも無いじゃんwww

 

本書の最初の方にも、「書き方の本は読んではダメ」とか、「文章術ってなんだそれ?」とか、そんなことが書いてあります。

事実、著者自身も、「ターゲットを意識して書く」とか、そんなことをしたこともないようです。特定の層に響くことを意識してなんて、出来るわけがないと。ぶっちゃけ、僕もそう思う派です。

 

ですが、本書、やっぱり本として非常に面白いです。

前述しましたが、まず、本書はよくある文章術や書き方の本とは大きく異なっています。なんせ、「読みたいことを、書けばいい」ですからね。「ターゲットを意識して」とか、「相手の知りたい事を書け」とか、一般的な文書の本に書いてあることは、本書にはありません。

でも、そこが面白さだったりします。だって、他で書いてあることを、わざわざ書く必要ってないじゃないですか。ぶっちゃけ、僕も文章術の本には、かなり飽きていました。書いてあることが同じで「つまんね」っていつも思っていましたよ。

 

そんで、そんな僕らが求めていることが、本書に書いてあるかもしれません。

少しだけ例を挙げると、本書には「文書を書くということはモテないし、孤独だ」ということを書いています。モテたいなら、俳優かミュージシャンにでもなった方が良い、だって、モテる人は、机に向かって文字を書くなんてしないでしょ?書くって、凄く孤独でモテないんです、と。本当にその通りですね。

 

でも、孤独でモテなくても、書くとは楽しい事だし、書くことで人生が変わる事もあると、著者は言っています。書くって一人でも出来るし、それで楽しくて人生が変わる可能性があるなら、すげぇお得じゃん。だから、そんな書くという作業を、楽しめば良いじゃん。そのために、せめて自分の読みたいことを書けば良いじゃん、という事なんじゃないかと、僕は本書を読んで思いました。

 

でも、「読みたいことを書く」とは、「書きたいことを好き勝手に書く」という訳でも無いんですよね。ここが本書の、凄く大事な所なんです。この意味が知りたい人は是非、本書を読んでみましょう。

 

ちなみに、僕もこの記事は自分の読みたいように書いています。いや~、書くって楽しいですね。書くことを楽しみたいとか、今までの文章の本とかに飽きているから、新しい情報が欲しい、という人に、凄くおススメです。皆さんも"読みたいこと"を書きましょう。

 

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

 

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。