ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

映画感想:『凶悪』 須藤と木村が超怖い。それでいて笑える。

誰も幸せにならない結末。それでも何回も観てしまう。その理由を考えてみた。

 

監督:白石和彌

キャスト:山田孝之、ピエール滝、リリーフランキー池脇千鶴、他

 

 

<適当にあらすじ>

 

 雑誌の記者である藤井は、須藤という死刑囚からの手紙を受け取る。

その手紙には

自分が犯した表に出ていない事件が3件あるという事。

そして、その事件の陰には“先生”と呼ばれる男がいた事。

が書かれていた。

 実際に須藤から話を聞いていくうちに、最初は信じられなかった藤井しかし、手紙の内容はどんどん信憑性を増していく。

事件を公表するため、取材にのめり込んでいく藤井。果たして、それはどんな事件なのか。

 

 <感想>

 

死刑囚が告白した三件の未解決事件を、記者が調べていく。そして、その犯罪の内容が明らかになるという物語。主演の山田孝之が、事件にのめり込んでいく真面目な記者を演じる。

しかし、この映画では、事件を告白する須藤と、その須藤が「先生」と呼んでいた木村がとにかく凄い。めっちゃ怖い奴らで人なんて平気で殺すんだけども、その姿がどこか面白い。思わず笑ってしまった。

結局誰も幸せにならない。観ていて不快に思う人も多いでしょう。でも、僕はこういう映画が好き。観た後暗くなりたい人は是非どうぞ。

 

 

全体的に暗さが漂うストーリー。記者の藤井が死刑囚の須藤の告白で事件を調べていく。

その中盤、しばらく回想シーンに突入して、どのように須藤と「先生」と呼ばれた木村が人を殺していったのかが明かされる。この映画の最大の見どころはここだと言っても良いでしょう。

 

一件目。木村が勢いで殺した借金を踏み倒した男を、後ろから首を絞めて殺害。この時の木村の表情が凄く怖い。何の躊躇も無くロープで首を絞める彼からは、人への愛や人を殺すことへの抵抗をまるで感じないんだよね。あぁ怖い。その後、須藤と協力して、焼却炉で燃やす。この時須藤は「ブッ込む」という言葉を使うんだけども、これが可笑しくて笑っちゃうんだよね。

 

二件目。土地持ちの島上という爺さんを殺す。島上さんの目の前で「島上っていう爺さん、また同じように焼却炉で燃やしたいんだけど」と焼却炉の持ち主に依頼する木村。普通、いまから殺す人の前でこんな事は言わないよね。

そして、断られると「ま、ブッ込んじゃお」と言い、島上さんを殴って殺害する須藤。何で彼らは、そんなに簡単に人を殺してしまうのか。凄く笑ってしまう。

 

三件目。多額の借金を背負った電気屋の牛場さんを殺害。これが一番酷い。

酒を飲ませて殺すことにした木村と須藤。業務用の焼酎を次々に飲ませる。「もう飲めない」と言う牛場さんに対しても容赦なく酒を浴びせる彼ら。凄く醜いし劣悪極まりない。

コンセントを改造して感電させたり、スタンガンで気絶させたり、96%のスピリタスを一気飲みさせたり、中学生のいじめよりも酷いシーンを見せつけられる。彼らの非道ぶりがまた面白い。ここまで酷い人っているの(笑)?

 

藤井はそれらの事件を記事にする事に成功し、警察もう動いて木村は逮捕。

それでも藤井はスッキリせず、さらに深い闇へ入ってしまった様子。

結局、誰も幸せにならない。観ているこっちも凄く暗くなる。それでも、僕は何回も観ている。もしかしたら、僕の中にも須藤や木村に似た何かが眠っているのかもしれない。皆の中にもあるかも。

 

凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray]

新品価格
¥1,944から
(2017/10/2 15:24時点)

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。