ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

読書感想

読書感想:「経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる」 スミス、マルクスなどの名著が一冊に。筆者独自の視点も備えて面白い。

こんちわ、なおっちです。 この前はの記事で経済を勉強し直す的な事を書きました。 んで、先日少し大きめのTSUTAYAで、面白い本を見つけて来たので、買ってきました。 それがこちら。「経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる」です。 文字通り、経済学の名著…

読書感想:「日銀バブルが日本を蝕む」 良い所だけではない。デメリットも踏まえて金融緩和と向き合おう。

こんちわ、なおっちです。 久々に読書の感想を書きます。 紹介するのは「日銀バブルが日本を蝕む」という本です。 角川新書から発売されています。書いているのは、元朝日新聞記者の藤田智也さんという人です。 僕は朝日新聞があまり好きでは無いですが、何…

読書感想:「これが日本経済の邪魔をする『七悪人』だ!」 

経済学者で、朝生などにも出演している高橋洋一さんの本を読みました。 コレ、すっごく面白かったです。 経済や政治の問題について凄く分かりやすく書いているので、誰でも楽しく読めると思います。 また、本書の中でもメディアを批判していますが、やっぱり…

読書感想:「論破力」 お話をする事が多い人は、読んでおくと役に立つよ~。

気になっていたひろゆき氏の「論破力」を読みました。 2chの開設者で、テレビやネットの討論番組では、理論整然とした語りで「論破王」と呼ばれています。 僕も彼のYouTube配信を好きでよく見ているのですが、面白いんですよね~。 聞いているだけで、新たな…

【読書感想】:「世界の経営学者はいま何を考えているのか 」 経営初学者向けの内容で面白い本。

どうも、なおっちです。 今回は、「世界の経営学者はいま何を考えているのか ― 知られざるビジネスの知のフロンティア」という本を紹介します。 難しい本かと思いましたが、そうでもなく、むしろ経営学の初学者には凄く面白い本でした。 後の方には少し発展…

読書感想:「お金2.0」 これからの経済・社会は”価値”がテーマ!

どうも、なおっちです。 今回は、「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」という本を読みました。 これからの経済や社会の仕組み・ルールなどについて書いた本です。昨年の発売と同時に話題になりました。 単純に、すごく面白かったです。 これまでの資本主…

【読書感想】「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」 時間で考えることでやる事を具体化する。

どうもなおっちです。 「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」という本を読みました。 自己啓発本あまり読まないのですが、けっこう面白い事が書いてありました。 「時給思考」「時間で考える」という所が、特に心に残りましたねぇ。 「時…

読書感想:「これからの政治をゼロから考えよう」 読みやすいけど濃い内容の政治入門書。

佐々木俊尚氏の「これからの政治をゼロから考えよう」という本を読みました。 現代の日本が忘れている大事な事が多く書かれています。とても面白い本でした。 という事で、軽くではありますが、読書感想を残します。 プライムリーディングで読めます。 これ…

読書感想「そしてドイツは理想を見失った」 ドイツの理想とそれ故に抱える問題。

この前、「世界一豊かな国スイスとそっくりな国・ニッポン」という本を紹介しました。 同じ著者の川口さんが書いていて、また面白い本があったので紹介します。 ドイツの抱える問題や、「そもそもドイツってどんな国なの?」というのが書いてあります。 日本…

読書感想「縮小ニッポンの衝撃」 財政破綻した夕張市の悲惨さがスゴイ。

また人口減少関連の本ですが、面白いモノを見つけました。 NHKの取材班が独自に人口減少している地域や、それに備えて前もって取り組んでいる地域を特集した本です。 具体的な例が多くあるので、多くの人の参考になるでしょう。軽く読書感想を残します。 縮…

読書感想:「未来の年表 人口減少日本であなたに起こること」 人口減少で自分に起こる事を具体的に記した本。

ベストセラーになった「未来の年表 人口減少日本で起こる事」の第二段を読みました。 今回は「あなたに起こること」というタイトルです。 人口減少や少子高齢化などが、自分の身の回りでどんな影響を及ぼすのかを書いています。すごくイメージが沸きやすいで…

読書感想「使ってはいけない集団的自衛権」 経済の勉強になるが、政治に関してはツッコミどころもある本。

本屋で目に付いた、「使ってはいけない集団的自衛権」という本を読みました。 TSUTAYAの新刊コーナーに置いてありました。 菊池英博さんという経済学者が書いた本です。 けっこう色々考えさせられたので、軽く感想を残します。 使ってはいけない集団的自衛権…

読書感想「未来の中国年表」 中国の未来を知りたければ読んでみると良いかも。

8月の朝生に登場していた近藤大介さんの本を買って読んでみました。 中国について書いた本は、けっこう右左に偏った本が多い感じですが、本書は中国の良い所と悪い所がバランスよく書かれています。 日本も人口問題が深刻ですが、著しい成長を遂げた中国にも…

読書感想:「世界一豊かな国スイスとそっくりな国ニッポン」 実は凄い国スイスを通じて日本を考えよう。

またまた面白い本を読んだので紹介します。 「世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン」という本です、 川口マーン恵美さんという人が書いています。 スイスという国をザックリ知るに凄く良い本だと思いました。 のどかで穏やかそうなスイスですが、実は…

読書感想:本間龍「ブラックボランティア」2020年までに日本人全員に読んで欲しい良書。

2020年の東京オリンピックの開催には反対です。 ボランティアで労働力を集める上に、1兆円の赤字を見込んでいるからです。 そんな怒りにも似た感情を抱いていると、一冊の本に出合ってしまいました。 それが、今回紹介する「ブラック・ボランティア」です。 …

読書感想:「図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えて下さい!」 正しい知識でお金を運用しよう。

プライムリーディングで読める面白い本を探すのにハマっているなおっちです。 いや~年間3900円、月額にして325円で、映画も見れて、音楽も見れて、配送オプションも選べて、おまけに本まで読めるなんて......。破格ですね.....。 本も結構面白いモノがあり…

読書感想:「2018年の世界~2時間でつかむ経済・政治・ビジネス、今年の論点~」 沈みゆく日本の現実を直視しよう。

大前研一さんの本をよみました。 すごく良い本だったので、紹介します。 どちらかと言えば、日本の悪い所に焦点を当てて、没落しゆく日本の問題点を挙げ、これから日本はどうすれば良いのかを述べています。 やはり、日本は変わる必要があるんですよねぇ....…

読書感想:「糖質オフで即やせレシピ」 簡単なダイエットレシピが満載。

みなさん、こんにちわ。ダイエットをしてみようかな.....。と本気で悩んでいるなおっちです。 プライムリーディングでも、ダイエットを特集した雑誌を読むことが出来ます。 最近かなり読み漁っているのですが、けっこう面白いダイエット本があるんですよねぇ…

読書感想:「まんがで変わる!仕事は楽しいかね?」 目標に縛られず、試してみて、変化を楽しむ。

「まんがで変わる!仕事は楽しいかね?」を読みました。 自己啓発本の中でも有名な「仕事は楽しいかね?」のイラスト付きバージョンです。 仕事や生活を楽しむ上で、大事なメッセージが沢山詰まった良書でした。 その上、マンガを付けることで、ストーリーで…

読書感想:「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」 ダイエットの基本は食事と筋トレ。

twitterで56万人のフォロワーを抱える、「筋トレ社長」のtestosteroneさん。 「全ての基本は筋トレである」という名言の通り、筋トレの効果を、毎日発信しています。 今回は、そんな彼の著書「筋トレエリートがやっている最強の食べ方」を紹介します。 この…

読書感想:「多動力」 自分の時間を作り、人生を良くするヒントが詰まった良書。

色々話題になった、「多動力」を読みました。 さすがホリエモン!言うことやること全てが違う!と思うばかりです。 でも、全ての人にマネできる所もありました。リズミカルに読めるように書かれているので、サクサクと読めてしまいました。 今回は、僕が「コ…

「休み時間は何しよう......」そんなぼっち大学生の君が読むべき本を、種類別に紹介。人生が良くなる!

こんにちわ。なおっちです。 「大学生で、基本的に一人で過ごすことが多い。スマホをイジルのも楽しいけど、最近飽きて来た。なにか違う楽しいことはないかな?」 とお悩みの大学生の皆さん。まったく心配はいりません。すごく面白くて、なおかつ自分のため…

読書感想:百田尚樹著「鋼のメンタル」 いつも意表を突いた意見で驚かせてくれる筆者のメンタル管理。

いつも鋭い意見で議論を盛り上げる著者の百田尚樹氏。 「大放言」ではバカな現代人を斬りまくり、「戦争と平和」では歴史から日本人が戦争に向いていない民族である事を述べ、さらに現実的に戦争をしない方法を提案しました。特に「戦争と平和」は、現代の日…

【読書感想】森口朗著「日教組」 社会学的な視点から日教組を解説する。

僕もあまり好印象を抱いていない「日教組」という組織。彼らが一体どのような組織で、どのような思想を持っているのか。そして、何がおかしいのかが分かります。 正しく理解し、正しく批判するために、この本は良いでしょう。軽く読書感想を残します。 日教…

読書感想:ケント・ギルバート著『米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体』 あるべき憲法の姿を考える。

この前もケント氏の著書を紹介しました。その本は中国人や韓国人の国民性を指摘し、日本が自らの歴史や文化を誇りに持つべきだ、という内容でした。 最後の章では、日本はすでに情報戦で乗っ取られている、の述べています。最近のメディアの偏向的な姿勢や政…

『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』日本は既に侵食されている。

この前紹介したケント・ギルバート氏の本の続きです。 前回は1、2章を紹介しました。ここでは5章を紹介します。日本が反日勢力に汚染されているという内容です。読んでいくと、「日本は半分終わってる」と思ってしまいます。 ぜひ、危機感の足りない日本人全…

読書感想:ケント・ギルバート著『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』中国と韓国との付き合い方を記した必読レベルの良書。

カリフォルニア州の弁護士で、日本で活動もしているケント・ギルバート氏。彼は日本では保守派として知られています。気になったので買ってみました。 「儒教」を用いて中韓の異常性を論じているのですが、これが面白かったです。「そうだよなぁ」と共感する…

読書感想『日本列島創生論 地方は国家の希望なり』石破茂

地方の創生無くして日本国の存続はあり得ない。僕もずっと思ってました。 そして、この本には、まさにそれが書いてありました。 地方が、日本が生き残るには、どうしなければいけないのか?日本国民全員が考えないといけません。 なので、結構な読書感想を残…

【電子書籍比較】Koboとkindleはどちらが良いのか?両方使ってみた感想。

こんばんわ。お一人様を愛するなおっちです。 読書をしたい。紙の本も良いけど、やっぱりイマドキは電子書籍でサクッとスマートに読んでみたい。 そこで、電子書籍には、Amazonのkindleと、楽天のkoboがあるけど、どちらを使ったら良いのか......?」 そんな…

『インベスターZ』が72時間限定で5円セール中。

mantan-web.jp 【72時間限定!完結記念セール】本格投資漫画 #インベスターZ 、ついに完結!これまでの感謝の気持ちを込めて、電子書籍セールを開催します。1冊あたりの価格は…5円。20巻までまとめて買っても100円!29日までの72時間限定!https://t.co/xjtK…

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。