ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

部活をなんて、辞めたきゃ辞めちゃえば?

どうも、なおっちです。こんばんわ。部活について、ちょっと考えてみたぞ。

 

中学、高校と、かなりの人が所属するのが「部活」。

運動部から文化部、又は帰宅部なんて集団もあるみたいだね。

 

帰宅部って、部活なの(笑)。ずっと思っていたけど。まぁ。それでも所属している事になるなら、別に良いか。

 

ところで、無理に部活に行っている人っている?

僕は、中学の時、かなり無理してた。行きたくない場所に、無理して行ってたな。

 

いまでも、何であんな場所に行っていたのか、後悔している。ホントに、無駄な時間だった。

中学の三年間って、ホントに貴重だぞ。ここで好きな事を思いっきり極められた人は、その先の人生で、そうでない人との差が出来ているはずだ。

 

好きでもない事を学生時代にやっても、無駄だぞ。そんなのは何の役にも立たないし、場合によっては君の足を引っ張るかもしれない。

 

f:id:naocchi3:20170904171749j:plain

 

という事で、部活なんて、嫌なら辞めろ。

 

 

<無駄な上下関係>

 

部活に必ずある、上下関係。

これ、無駄なこと、限りなし。

 

歳が上だから、無条件で尊敬しろ?ワハハ、おバカな。

歳が上でも、行動が伴ってなければ、尊敬する必要は無い。

 

ちなみに、中学時代の僕の先輩はクソばかり。

練習は真面目にやらない、頭は悪い(馬鹿高校に墜ちてた)、大会では一回戦負け。

 

練習が上手くいかないと後輩に八つ当たり。

しかし、そいつは同学年の不良に殴られて、泣いてたっけな(笑)。バーカ。今でも笑えるぞ。

 

 

<内輪揉めの当事者となってしまう>

 

そして、僕は内輪揉めの当事者となってしまったのだ。

元々、僕は仲良くなかった。しかし、何でか続けてしったのだ。

 

中二の冬、遂に僕は本格的な仲間割れに遭い、彼らと会話をする事も無くなった。

今でも、良く行ってたな、と思っている。

 

だって、何も面白くないし、チームは弱いし、試合には勝てないし。

マジでクソサッカー部だった。

 

この記事でも書いているよ。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

一応、サッカーはめっちゃ好き。

だが、サッカーはチームでやる競技なので、周りと上手くいかないと何も面白くなくなってしまうのだ。

 

逆に、下手でも周りと仲が良ければ(後は監督が良ければ)、楽しいかもね。

そう言うもんだよ。

 

あぁ、ともかく。

何らかの理由で面白さが感じられない部活は、行っても意味が無い。

あの時の思い出など、今でも一つも役に立ってないぞ。

 

 

<学校でも部活でも、無理を強いるのっておかしいよね>

 

学校では、教師たちは“嫌な事を強いる。

部活でも、変な根性論を植え付けるためなのか、“嫌でも頑張る”ことが美とされる。

その結果、何か学ぶものがあると。

 

へ?

学校が終わった後くらい、好きな事させろよ。

一日中、我慢するのか?

 

学生時代も社会人になっても我慢の連続とか、糞以下だな。

これじゃあ、学校に行きたくない人も増えるわけだ。

 

嫌なら、部活なんて辞めろ。

ダメなら、違う事をやれ。

 

 

<親と教師の反対は無視>

 

僕は、部活を辞めたかった。

 

しかし、僕は親が続けろと言って来たので、辞めるに辞められなかった。

その時に、親の反対を押し切ってでも辞めればよかった。

 

僕は親が嫌いじゃない。

しかし、その時の親は、頭が良くなかった。僕の事を、自分の商品と思っていたのかな?

 

そして、教師もウザい。

辛くても、頑張って続ける事を、無思考に主張する奴らの多き事。あぁ、馬鹿。

 

無理にでも続けさせて、又は学校に来たくない奴を無理やり来させて、それはお前の自己満足だ。教育では無い。

 

そんな奴らの言う事は無視して、部活を辞めろ。

良いだろ、辞めたって生活が困窮する訳じゃないし。たかが、ガキの部活だぞ。

 

親、教師のレベルアップを、心より祈る。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。