ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

Twitterを見ると世の中意外と狭いと思う件。

大学時代に生まれ育った県から出たんだけど、twitterを見ていると繋がりがまぁ凄いんだよね。一言で言うと、コミュニティが狭い。

知り合いの知り合い(結局知らない人間)と同級生が付き合っていたりしてる。まぁ、人口が少ない県だから、仕方が無いのかな。

 

 

 ・大学の一学年下の可愛い子と、高校の一年後輩が友達

入学した駅弁大学で、二年の秋に可愛い子を見つけた。その子はどうやら、一学年下の違う学部の人らしい。すかさずtwitterを検索。そしたら、すぐに見つかった。

そして、その子のフォローを見ると、見覚えのある高校の名前が。僕の出身校だ。そして、仲良さげに二人で写真に写っている姿が。

 

つまり、同じ高校の一個下の女子と、大学で見つけた可愛い子が、繋がっていたのだ。

ちょっと、驚くよねぇ。

 

ちなみにその可愛い子とは一回も関わらずに卒業。今はその街を出ている。この先、一生出会う事は無いだろう。

 

もし、見ることがあったら、それは何という名の現象だろうか?デジャブ。

 

 

・中学時代の可愛い子と隣の中学の人間が付き合っている

中学時代に可愛いと思っていた人と、隣の中学出身の人間が、付き合っていたのだ。

この、「隣の中学出身の人間」というのが、これまた複雑。僕の高校時代の知り合いと知り合いだったのだ。そして、中学時代に部活の試合で対戦していた事も判明した。

 

ううううぉ~~~~~~~~。

それを知った時の僕は、思わず発狂。「世の中って狭いなぁ」と思ってしまった。

 

 

TwitterFacebook、LINE等々の発達により、あの人は今どこで何してるのか?を、場合によっては一発で知れるようになった現代。ひたすらネットやSNSを回れば、居場所が特定できるかもしれない。もし、会いたくて仕方が無いなら、それもアリかもね。

 

一方、大分麦焼酎二階堂のCMで、「どうか、タイムマシンが発明されませんように」という台詞がある。過去は過去だから忘れる事が大事だ、という意味なのだろう。良い言葉だ。

 

知りたければ知れるのは、少し残酷だ。帰りたくも無い過去に、自分から突っ込んでいるような気分だ。

 

いずれ、ネットは怖い。皆も、思いもよらぬ人間から跡を付けられているかもしれない。

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。