読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおっちの独り言

映画、本、サッカー、ギター、食べる事が好きな筆者が、ゆるーい内容でお伝えするよ。

怒らない人や感情が無い人、第一印象が良い人には気を付けろ。

世界の底からこんばんは、なおっちです。

 

突然だけど、あんまり怒らない人っているじゃん。

そういう人には、結構気を付けて接した方が良いぞ。怒らないからって油断すると、後でとんでもない目に遭うから。

僕はそのような人を「危険人物」と呼んでいる。

危険人物の特徴、および関わり方をアドバイスするよ。

 

 

<怒りを溜めている>

 

僕、学生時代は人間関係で苦労したよ。

そんで中学の時、それまであんまり怒りを露わにして来なかった人が、急に僕を嫌いだして。

原因は僕にあるし、その人を悪く言うつもりもない。

おそらく、僕への怒りを溜めに溜めて大攻撃を仕掛けて来た、という感じだと思うんだ。

 

思った事はすぐに言ってくれる人の方が、その心配は少ない。

そして、怒る人は君へ何らかの期待をしている、またはあなたから認められたいという心理が働いているんだ。その人の方が掴みどころがあるから、関わりやすいんだよ。

 

まぁ、自分に怒ってくる人と仲良くするのは難しいし、優しそうな人に警戒するのもなかなか出来ないよね。良く分かる。

 

 

<切る時もあっさり>

 

怒らない人は、前述のとおり人への期待が低い人、言い方を変えれば「人なんてどうでも良い人」なんだ。

だから、切る時も容赦ないぞ。

先日、僕はホテルのバイトをあっさりクビになったよ。

その人はいかにも優しそうで、あんまり怒る人じゃなかったな。バイトの人もみんな慕ってたし。

そんな人から急に「今日で最後ね」と言われた時、めっちゃショックだったよ。

でもね、これではっきりしたんだ。

 

穏やかそうな人ほど気を付けろ。

 

 

<まとめ:距離感を大切に>

 

自分に対して、あまり怒らない人とは距離を置こう。君を良く思っているとは限らないから。「こいつ、どうやってハメようか?」と、君の失脚を企てているかも。

本当の危険は、案外思いもよらないところから迫っている。

 

逆に、すぐ怒る人や常に本音の人の方が、危険性は少ないよ。そっちの方が、案外気があったりする事もあるしね。それについても、今度書くよ。ホリエモン

本音で生きる』も参考になるかもね。

 

サイコパスっているじゃん。反社会性人格障害

サイコパスは、人格的に魅力的な人に多いんだ。人殺しとかでも「あの人はそんな人に見えなかった」というパターン、結構あるでしょ。

 

という訳で、みんなは僕みたいな失敗をしないように。