ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

平和主義、自由主義を掲げる人々の凶暴性に注意。

www.youtube.com

 

自由や平和、人権主義を掲げる、いわゆる「サヨク」の人々は、ホントに自由や平和を願っているのでしょうか?

少なくとも、僕にはそうは思えません。彼らの中には、暴力で以て自らの利益を獲得するのが目的の集団が存在します。

 

リンクの動画を見て欲しい。嘉手納基地の反対活動家が集まる場所に行った、政治ユーチューバーKAZUYA氏の動画です。

 

カメラを持って近づくと、いきなり「撮るな!」と怒られるKAZUYA氏。何で悪いことをしてないのに、「撮るな」と怒るのでしょうか?良い事をしている、という自覚があるなら、ぜひ撮って広めて欲しいと思うはずだ。

 

そして、実に暴力的な言い方にもビックリ。少なくとも男たちはお話が出来る感じでは無いです。

 

一方の女性たち。その女性たちも、主張する内容はかなりめちゃくちゃですね。沖縄が日本の領土であることを分かっていません。中国が攻めてこないから在日米軍は要らないという、極めて非現実的な発想にも驚きます。中国の政治家に「沖縄は中国の物だ」、と言う人間が存在する事も知らないようです。尖閣の状況も分かって無いです。

 

また、「沖縄は元々中国の領土だった」と主張する女性もいます。いったい、いつの時代に中国の領土だったのでしょうか?60年前にいきなり言い出したことも知らないのかな?

 

そして、最も気になったのが、彼らの日本語が少し怪しい事です。普通の日本語と言うよりは、東南アジアや中国の人が話すぎこちない日本語に聞こえたのは、僕だけでしょうか?

 

と、いう訳で。

自称平和主義、人権主義を主張する人々、いわゆる反権力の左翼の中には、実はとんでもない人間がいます。少なくとも、日本の安全や平和を第一に考えている人ではありません。「それでホントに沖縄を守れる?」と聞かれたら、彼らはどう反応するのでしょうか?まぁ、「中国にあげれば良いじゃん」と答えるのでしょうね。

 

保守運動を暴力でもって阻止する集団もあるくらいですから、その凶暴性は恐怖に値し

ます。

他にも、左翼と言われる人達には「しばき隊」や「反天連」という、日本利益を周辺諸国横流ししたり、日本の伝統文化を壊す目的で活動している人々もいます。彼らもまた、暴力で自らの主張を通そうとする集団です。

 

もっと怖いのは、彼らと似たような思想を持つ人や、買収された人間が、政治やマスコミの世界に多数存在する事です。反日活動をしたり「安倍やめろ」と叫ぶ人間が、テレビで大きくクローズアップされる現実を見れば、日本はすでに内部から食い潰されているのが分かるでしょう。

 

普遍的な日本人の人達には、このようなスパイ同然な集団に気を付けて欲しいです。自由、平和、平等の仮面を被って、日本を自分たちの物にするのが目的の人間が存在しますから。

 

やれやれ、日本にもスパイが多くなって来ましたなぁ。これからどうなる事やら、、、。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

 

おススメ記事