ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

映画「見えない目撃者」感想 吉岡里帆、遂に役者になったよの巻。

暇なので、家で本を読んだり映画を観ているなおっちです。東北の片隅で無職ロックンロールを叫び続ける26歳です。

新型コロナとか、そんなのは関係なくステイホームをしています。無敵の人予備軍ですね、はい。

さて、そんなダラダラした生活を送っている僕ですが、先日アマゾンプライムで観た「見えない目撃者」が面白かったです。

見えない目撃者

見えない目撃者

  • 発売日: 2020/01/18
  • メディア: Prime Video
 

 

 

警察学校を卒業して、警察官として将来を期待されていた浜中なつめは、自分の不注意で自動車事故を起こし、視力と弟を失ってしまう。ある日、弟の墓参りの帰りにすれ違った自動車の中から、誘拐されたと思われる女の声を聴く。浜中は警察に掛け合うが、最初は捜査する気の無い警察。しかし警察学校時代に操作能力を磨いた彼女は、盲目ながらも徐々に事件の真相に迫っていく....。というお話です。

 

さて、まず気になるのが、主役が吉岡里帆ということ...。意外と彼女って微妙ですよね...。可愛いんですが、それだけにタレント役者感が否めません。メディアでそこそこ見かけますが、どんな役をやっても何か微妙だし、これと言って作品が思いつくこともありません。ファンの皆さんには申し訳ないですが...。役者として一流かと聞かれると、そうではないです。

 

そんで本作。あらすじを見る限り、めちゃくちゃ難しい役。今まで、キャピキャピした女の役しか思いつかない彼女ですが、パッケージの睨みつけるような表情からは、凄く殺気立ったものを感じますな......。こんな役、出来るのか.....。

 

でも、見てみると、これがビックリ。吉岡里帆押しは、ほどほどに抑えられています...。ちゃんと役者として機能している、とでも言いましょうか...。

まず、化粧や衣装が、役に合わせられていていましたよ。そりゃ、視力を失った元警察官で、キャピキャピした格好をしていたら台無しですからね...。

演技の方も、何か、今までの小利口でぶりっ子な、いわゆる「あざとい」感じは、どこか封印されたような。警察官としてのキャリアを失い、自分で命まで絶とうとした女の感じが、ちゃんと出てましたよ。きっと、役作りで苦労したのでしょう。実際かなりの覚悟で挑んでいたようですね。

そもそも、吉岡里帆をキャスティングする事がどうかと聞かれると、客寄せ感が全くないとは言い切れませんが、でも役として少なくとも良かったですよ、と....。

 

浜中は、持ち前の感覚で誘拐事件を察知します。定年間近の刑事の木村や吉野の助けを得ながら、一時はお蔵入りになりそうになりながらも、徐々に事件の形を掴んでいきます。木村役の田口トモロヲさんは、やはり良い味を出しているんですね....。窓際刑事が最後の意地を見せてきます。やはり、映画は脇役が居ないとダメなんですよね。半沢直樹の大和田然り...。

 

途中途中のアクションシーンもワザとらしくなくリアリティがありました。アクション映画でもないのに、凄い強い奴が出てきてボコボコ、とかなっても面白くないですからね。サスペンス映画なら、全てにリアリティを持たせないとダメなんですが、そこも合格です。

 

事件の真相に迫る浜中や木村たちでしたが、やはり最後には意外な犯人が...。意外性も最後にしっかりと持たせています。最後の犯人とのバトルシーンも良く出来ていて、飽きずに見られました。久々に邦画で面白い作品が観れましたよ。

 

と思ったら、本作は同名の韓国映画が原題になっているようですね。やはり韓国はサスペンスを作らせたら上手いですのう。悔しいですが、この分野では、日本はまだ韓国には及ばないでしょうねぇ....。

 

見えない目撃者(字幕版)

見えない目撃者(字幕版)

  • 発売日: 2016/09/05
  • メディア: Prime Video
 

 

naocchi3.hatenablog.com

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。