ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

「ヤバい人は、人との距離に問題がある」に激しく共感。

こんにちわ。なおっちです。

以前からヤバい人には気を付けようと言っています。

 

naocchi3.hatenablog.com

 

僕も、その「ヤバい人」の特徴について書いたことがありましたが、その「ヤバい人」というのは、「人との距離に問題がある人」に集約されるかもしれませんね。

 

 

ヤバい人、と言うと

・いじめ、パワハラ、セクハラ、悪口

・平気で嘘をつく

・自慢、見栄を張る

・おせっかい、「お前のため」と言う

・サイコ、他人を犠牲にする

・いきなり個人的な深いことを聞いてくる、話す

 

などなど、調べると色々と出てきます。僕もこれらにほとんど同感です。

んで、これらの特徴に共通しているのは、「人との距離感の取り方がおかしい」という所なんですね。何で、お前とそこまで関わらるのか?という所に、問題があるのですね。

 

例えば、「いじめ」の場合は、何もそこまで攻撃をすることは無い訳ですね。問題のある点があるなら、それを言えば良いだけで、相手がダウンするまで攻撃をする必要はない訳です。

 

「セクハラ」に関しても、異性との距離の取り方を誤った結果、セクシャルな事を相手にしてしまい、嫌な思いをさせる(する)行為です。

 

「自慢」とかも、「お前の自慢話をされても別に....」という事になり、結果、その人との距離の取り方を誤っている事になります。

 

「おせっかい」も、「この人に世話を焼かれてもちょっと...」となります。

 

「他人を犠牲にする」とかも、「何でお前の生贄にならないといけないのか」って感じですよね。お前とそんな仲ではない、と...。

 

「変な事を聞いてくる」とかも、「何でそんな事を話さないといけないのか」となります。

 

つまり、おかしい人、ヤバい人とは、「人との距離の取り方が問題がある人」と言えるんじゃないか、と。もっと言うと、「人との距離が近い」と言えるんじゃないか、と思った訳ですね...。

 

何で、そんな近い距離で接してくるのか?

と、思う事が多いんですよね。「おいおいおい、おまえ随分と距離を詰めてくるな....」と、コチラがウっっ!っと引いて苦しくなるような接し方を、彼ら(彼女ら)はしてくる訳です。いや、何でそこまで関わらないといけないの、と。

 

お互いに権利を侵害しない限り、何かを言ったり、聴いたりする必要はない訳です。もし、仕事で分からない事があれば聴けば良いし、要求があるならそれを言えば良い訳です。

学校でも同じですね。権利を侵害しない限り、特に関わる必要はないわけです。「気に入らないから」という理由で、嫌がらせをするのではなく、無視すれば良いのですね。

 

でも、世の中には面白い人がいるんですね。特に権利を侵害していないのに関わろうとしてくる人が。それが、いわゆる「おかしな人」、「ヤバい人」の正体です。

仲良くなろうとしているのかもしれないですが、あまりに急な詰め方は絶対にダメですよね。特に20歳を超えたら。あえて(大人)とは言いませんが。

 

やたらと要求をしてきたり説教をしてきたり、変なことを聞いてきたり、または悪口を言ってきたり、というのは、距離の取り方がおかしいんですよね。距離が近すぎるんです。

 

そういう人を見ると、僕は悲しくなります。「あぁ、この人は自分がおかしい事に気付かないんだな」と。自分を客観視する能力が無いのかな、と。こういう人は大人でもいるんですよね。人との距離を取り忘れて、近くに来て何かをしていくキモイ奴らが..。

 

でも!

もしかしたら、自分がそのような人との距離が取れない「おかしな人」、「ヤバい人」になっているかもしれません..。そうだけは、絶対になりたくないですよね。

 

自分も「おかしな人」「ヤバい人」にならないようにしよう。

ほんで、最も大事なのはここだったりします。自分だけはせまて、「ヤバい人」になってはいけないです。

 

では、どうしたら、ヤバい人にならずに済むのでしょうか...。挙げるとすると...

 

・自分の事は話さない

・説教はしない

・相手のことを深く聞かない

 

とかですかね...。イジメをしないとかは当たり前ですが、この辺を守っておけば、まぁ相手から「近いな....」と苦い顔をされることは無いでしょう...。

 

よくよく、自分のことを話す「自分語り」を人はやってしまうのですが、これはダメですね。親しい人なら良いかもですが、自分の事を話しても、ほとんどの相手はウザいと思うだけです。自分のことを話すと、何だか気持ち悪い感じもして来るので、心の平穏を保つためにも、辞めるのが無難です。

 

あと、説教はマジでキモがられるのでやめましょう。自分に関係があるなら別ですが、そうでないなら、その人がどうなろうが関係ありません。

 

あと、相手のことを深く質問すると、パワハラやセクハラで問題になります。あくまで仕事のことや、お互いの共通事項だけ、聞くようにすれば、特に問題は無くなると思います。

 

「ヤバい人」について書いておきながら、自分がそれになっては絶対にいけないので、この辺は踏まえておきましょう。

 

やれやれ、人間とは面倒な生き物だな...。ヤバい人と関わってしまうかもしれないし、自分がそうなってトラブルになるかもしれないとは..。でも、ヤバい人は傍から見てカッコ悪いので、自分がなってはいけませんね。繰り返しますが。

 

まとめ:距離が取れない人には気を付けろ!

ヤバい人は、「人との距離が取れない人」に尽きると言っても良いでしょう。

変に近い距離で接してくる人は、下手をすると、あなたを壊してしまうかもしれません。

だから、上手く避けて、逃げましょう。せめて、自分の好きな曲を聞いて、my worldをmakeしてstrongになりましょう。聴き放題でかなり良い曲が聴けますよ。

 

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。