ぼっちですが何か?

とあるぼっちの生活記録。気になったニュースなどについて、非常にひねくれた意見を述べていきます。

九月に観た映画の簡単な感想2

九月に観た映画の簡単な感想第二回。第一回もチェックしてくれ。

 

 

ジャッキー・コーガン』★★

 これはあまり楽しめなかった。

パッとしないし盛り上がんないから、見どころが無い。色々仕掛けがされていたみたいだけど、それを追う気も起きなかった。

主演のジャッキー役がブラピだったんだけど、出番が少ない。本当に主役だったのかな?まぁ、良いや。

取りあえず、二回観る気は無い。興味のある方はどうぞ。

 

 

『25時』★★★★

 麻薬を売りさばく男が逮捕をきっかけに改心していくという物語。主役はエドワード・ノートン

暗くて残酷な話を期待していたのだが、全然良い話だった。まぁ、これもアリだね。

エドワード・ノートンがめっちゃカッコいい。

モンティは麻薬を捌く悪い奴だったのに、ムショに行くことになって、ある幸せに気付く。ここに、「あぁ、良い話だなぁ」と思うはず。

しかし、一つ気になる事が。モンティは麻薬で刑務所に行くことになったんだけど、多分行かずに済んでいる。警察に漏らした奴が代わりに行ったのかな?

ノートンさんはホントに良い役者だね。彼の作品でおススメがあったら教えて下さい。

 

 

『21g』★★★★★

 関わるはずのない三組の男女が、ある事故をきっかけに交わってしまい、人生がくるっていくというサスペンス。監督は『バードマン』などのイニャリトゥ。

これは面白いからおススメだ。

本当は関わるはずのない三組の男女が、ある事故をきっかけに関わることになる。そして、彼らの人生は壊されていく。観ていてこっちまで暗くなるけど、それが面白い。

心臓の弱いポールが、事故で亡くなったマイケルの心臓を移植してもらう。しかし、その後、マイケルの恋人とポールが恋するのだ。ロマンスだし、運命の残酷さを感じた。

現実にもこういう人達がいそうで怖い。それくらいリアルな暗い話だった。世の中って、怖いな。

とにかくじっとりとして暗い映画だったので、暗い映画が好きな皆にはおススメ。プライムでも観れるぞ。

 

21グラム [Blu-ray]

新品価格
¥1,486から
(2017/10/2 10:32時点)

 

 『複製された男』★★★★

 自分とそっくりな男が現れた、という少し変わった映画。主演はジェイク・ギレンホール

ちょっと不思議な映画だけど、僕的には面白かった。

とある日、大学教授の男が、映画の中で自分とよく似た俳優を発見する。そこから、非常に面倒な事になる。途中から、どっちが俳優でどっちが教授か分からなくなる時がある。そのややこしい感じも僕は好きだ。

しかし、残念な点がラスト。俳優の妻が風呂から上がった後、とんでもない化け物になって出てくるのだ。あまりに雑すぎやしないか(笑)?と思った。

しかし、この映画には正しい解釈の仕方があるらしい。正確に劇中に出てくる伏線を捉えると、「そういうことか」とラストに納得できるらしいぞ。みんなもチャレンジしてみよう。

 

 

『冷たい雨に打て 約束の銃弾を』★★★★

 娘とその家族を殺された元殺し屋の男の復讐劇

韓国映画みたいなジメジメ感がある、僕好みの映画だった。

娘を殺された元殺し屋のコステロが、三人組のヤクザと手を組んで復讐するというストーリー。しかし、コステロは記憶が徐々に無くなっていく。そして、復讐の相手がまさかの員物なのだ。

ストーリーは面白かったし、暗くて殺しもあって良かった。ただ、しかし、紙の塊を盾に銃撃戦を繰り広げるのはどうかと笑。もう少しカッコイイ物を使ってくれ。雰囲気が台無しだ。

 

 

『箱入り息子の恋』★★

 源さんと夏帆さんのラブコメ

これは、あまりハマらなった。ダラッとしていてるだけで、そんなに見どころを感じず。

しかし、世間の評判は良いようだね。源さん主演ってだけで高評価してるのでは?と疑いたくなるくらい。

日本の恋愛映画って、こういうの多いぞ。どこにクライマックスがあるのかも分からず、ただ恋模様を映しているような映画は、好きではない。

 

 

『ファーゴ』★★★★

 借金に苦しむサラリーマンが嫁を人質にするというサスペンス。

ストーリーのアイデアがグッド!面白い映画だった。

借金返済のために嫁を誘拐させて、金持ちの義父から身代金を引っ張る。このアイデアに満ちたストーリーが良かった。尺もちょうど良いから、見飽きないぞ。

最後に共犯者が殺されるシーンで使ったアレは(中にある刃が入れた物を粉々にする農器具か何か)、最近のグロ映画でよく使われてるね。いったいなんて言う機械なのかな?

プライム外れたので興味ある方は買ってください。

 

ファーゴ [Blu-ray]

新品価格
¥927から
(2017/10/2 10:34時点)

 

 『カジュアリティーズ』★★★★

 兵士による婦女暴行をテーマにした、少し視点を変えた映画。

主人公のエリクソンが凄く勇敢な男なのだ。悪事を働いた奴を告発して有罪にしても、そいつらはすぐに出てくる。そして、仕返しされるかもしれない、という理不尽が待っていても、仕返しされるかもしれない。そんな上官の命令にも自分の意思を貫ける彼の勇気に感動。

戦場ではこんなことが常時起こっているのかな?悲しくなるね。僕は女という生き物がそこまで好きじゃないけど、それでもそんな気分になった。

 

 

硫黄島からの手紙』★★★★★

 言わずと知れた大傑作。僕も大好き。

登場人物の人間性凄く良い。二宮演じる西郷は元パン屋で、砂糖が無くなり道具も没収されて商売にならなくなった、という話に涙しそうになった。

そして、栗林中将もなかなか良い奴なんだ。兵隊を無駄死にさせない、という理念を貫くのがカッコいいんだ。素晴らしい上官だ。手紙の内容とその語り方も泣かせに来るんだよなぁ。

これは是非皆に観て欲しい。でも、戦争映画が嫌いな人も多いから、無理しない範囲で。

 

 

『渇き』★★

 評判が良いのに僕は楽しめなかった。

主人公が吸血鬼という点で、あまり楽しめなかった。このアイデアは出尽くしている感があるんだよねぇ。

そして、殺人シーンもそんなに刺激的では無かった。『チェイサー』は凄かったのに。ラストも引っ張り過ぎで飽きた。

韓国映画は凄く好きなのだが、これはちょっと無いな。評判はかなり良みたいなので、観てみるのもアリだとは思いますが。

 

 

以上、僕が今月観た映画でした。なかなかクセのある作品から、みんなの知ってる映画まで、結構観た。皆も気になったらチェックしてみてくれ。

 

ちなみに、僕はこれらの映画をほとんどアマゾンプライムビデオで観ている。一カ月の無料期間があるから、みんなも是非。

 

円盤(DVD、Blu-ray)を買っても損は無いと思った映画の広告は貼ったので、良かったら買ってください(笑)。でも、みんな面白い映画たちです。

おススメ記事