ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

映画感想:「昼顔」 ドラマの延長?な気もするが、しっかり映画として面白い。

2014年に流行ったドラマの映画版。不倫したカップルのその後を描いています。

ドラマっぽいなぁと思わせる部分はあるものの、映画としてそこそこ楽しめる出来です。

賛否両論あるようですが、僕は良いと思います。最後はすごく残念な終わり方で、好きです。

 

おススメ度:★★★★

アマゾンプライムビデオで視聴できます。

昼顔

昼顔

 

 

目次

 

基本情報

2017年/日本

監督:西谷弘

キャスト:上戸彩斎藤工伊藤歩、志賀廉太郎、他

上映時間:2時間4分

 

 

あらすじ

高校教師の北村と不倫し、離婚して全てを失った笹本紗和は、東京を出て、海の見える港町に引っ越して来た。

 

不倫相手の北村裕一郎ろは、誓約書を交わし、二度と会わないし話さないとしていた。

 

ある日、講演会の紙が入って来る。そこには、裕一郎の名前があった。

 

もう会ってはいけない二人だが、紗和は講演会に向かう。そこで、偶然目が合った二人は、またあの頃に戻ろうとする.....。

 

 

感想

f:id:naocchi3:20180726115601p:plain

昼顔」予告 - YouTube

 

ドラマの映画化という事で、あまり期待していませんでした。

でも、本作は悪くない。ちゃんと映画としての楽しさを持っていましたねぇ。

 

2014年に話題となったテレビドラマの映画版です。

懐かしいですね。あの時は、「不倫ブーム」的なモノも起きましたからねぇ。絵音&ベッキーの騒動の前でしたけど。

これを見て、「不倫って良いなぁ」と思った人間の一人です。スミマセン。

 

んで、映画の方は賛否両論あるようですね。

ドラマの映画化なんて、だいたい滑るんですよ。映画とドラマって、枠組みがそもそも違いますし。成功したは、同じフジ系の「ガリレオ」くらいかな。

 

でも、本作は、観ればそこそこ面白かったです。不満はあるにしろ、多くの人が見て楽しいと思えるでしょう。上戸彩も相変わらずキレイですし。

 

 

会ってはいけない、話してはいけない。それが切ない。

f:id:naocchi3:20180726115852p:plain

映画は、ドラマシリーズの続きから始まります。

確か、紗和は離婚して、裕一郎とは二度と合わないと約束をしました。確か、そうだったはず。

 

紗和は東京を出ます。海の見える街に引っ越します。

ある日、引っ越した家に、何枚かのチラシが入ってきます。その中に、見覚えのある名前が.....。

 

会いたい気持ちを抑えられない紗和は、会場に向かいます。そして、裕一郎がステージで話しています。

紗和は隠れて、裕一郎にバレないようにしますが、一瞬目が合ってしまいます。裕一郎は、動揺を隠せません......。

 

そして、二人は山間の蛍が見える川辺に来るようになります。

しかし、二人会ってはいけません。話してもいけません。別れる時に、そう約束したからです。

 

なので、お互いに知らないふりをします。喋っても、あくまで独り言という事にします。直接会話を交わすことはありません。

 

次に来る時の事も、バスの窓の曇りに書きます。「木曜の3時」と書いて、紗和は次に来る時間を伝えるのです。

「会ってはいけない」ので、あくまでそれは、紗和が勝手に一人で書いただけ、という事にしています。

 

いや~切ないな。会ってはいけない、話していけない。だから独り言を言っているだけ、勝手に書いてるだけ、なんて.....。やっぱり、切っても切れない何かがあるんですね。

 

「いや、それもう会ってるやん」て言われそうだけど、良いんです。彼らは勝手に来て、独り言を話しているだけですから!みんなもあるでしょ、そういうの。

 

 

なかなか上手くいかない......。周りが邪魔をして来る。

f:id:naocchi3:20180726115831p:plain

とは言っても、彼らの恋は上手く行きません。

そりゃ、そうですよね。もう会わない、もう話さないって約束したんですから。

裕一郎は、まだ奥さんと別れていません。紗和と二度と合わないという事で、離婚はしないで済みました。

 

しかし、二人でバスから降りて来た所を、奥さんに見られてしまうのです。

奥さんは、クルマのクラクションを「ブゥ~」と鳴らし、怒りを露わにします。

いや~そこは別々で歩けよ~。上手くやれよ~。せっかく、会わない話さないで上手くやってたのに~.......。

 

んで、この後、裕一郎の嫁が本気を出してきます。この女がすご~く怖いんですよ。

特にラストがヤバいです。二回も浮気された女が、彼らが上手く行っているのを黙って見ている訳が無いんです.....。所々に、そんな黒さが現れます。やれやれ。

 

でも、一番辛いのは彼女なんですけどね.....。その彼女が悪者に見えてしまうのも、不倫の悪い所ですねぇ。

 

紗和は、アルバイトで入った食堂の人達にも嫌われます。

仕事でミスをすると、「壊すのは家庭だけにしてね。二人で不倫して逃げて来たって噂だよ」と嫌味を言われたりします。

やっぱり、不倫って上手くいかないですねぇ.....。まぁ、そこが面白いんですが。

 

 

それでも残る不満。利佳子さんどこ行ったの?画家は?

いやいや、しかし良い所だけでは無いんですね。当然、不満もあります。

 

まず、ドラマシリーズで大活躍した、お金持ちの奥さんの利佳子さんが出てきません。

コレは事件です。

 

ドラマでは売れない画家の男との不倫をして、家庭をメチャクチャにしました。紗和を不倫に誘うのも彼女です。彼女の出す危険な雰囲気が良かったのに。

 

その後、利佳子さんはどうなったの?画家とは別れたの?その辺も見たかったなぁ.....。

 

あと、北村一輝演じる画家はどうなったの?金持ちの女と上手く行ったのかな。その辺も気になりましたねぇ.....。

 

 

紗和は港町に引っ越して来るんですが、その家が立派なのも気になりましたねぇ。

離婚して、お金も何も無いはずなのに、何でそんな場所に住めるの?自分の不倫が原因なら、慰謝料も貰えないだろうし.......。

そこは、ボロボロの木造アパートで質素に暮らして、再会した裕一郎と情事を交わすところでしょ。不倫して都落ちした女が、良い暮らしするんじゃないよ!

 

この映画はアマゾンプライムビデオで視聴できます。

 

 

naocchi3.hatenablog.com

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。