ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

映画「スマホ落としただけなのに」感想  キャストでゴリ押し&グダグタな駄作。

こんにちわ、なおっちです。

今日は、「スマホ落としただけなのに」を見たので感想を書きます。

いや、うすうす予想は出来たのですが、まぁ......だったので、こういう映画が流行る日本って、映画としてはレベル低いよなぁって思っただけですねぇ...。

 

スマホを落としただけなのに

スマホを落としただけなのに

  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: Prime Video
 

 

グダグタで面白い理由その1。最後が結局フィジカル。

公開して二年近く経って、二作目も公開しているんで、ネタバレも書きます。

 

まず、この映画、「スマホ」をテーマにしているのに、最後にとてつもなくフィジカルに持ってくるんですよね。犯人が普通に出て来て、普通にリアルで戦うってw。いや、そこは最後までデジタル世界で勝負しろよ、と。

 

しかもこの犯人がめちゃくちゃ弱いし、この犯人と相対する警察(千葉雄大)も弱すぎるし。これじゃアクション映画にもなってないし。何を目指して製作したのか全く分かりませんの。

 

その2。整形して顔を変えていたオチを使っているので手抜き。

更にオチに触れると、この作品には整形で顔を変えていたオチが使われていたんですねw。いや~これを使っては作る側の負けですよ。

シックスセンス」の「オレ死んでたんだオチ」は有名ですが、あれと同じです。それを使っては、普通は作る側の負けなんですよねwww。

それしかアイデアが浮かばないなら、映画を作るに値せず!と言っても過言ではないですが、まぁ他で何か違いを見せられれば良いですが、ね。本作にはそんなのも無いですし、まぁ控えめに駄作なんですよ。

 

その3。遊園地なんで動く?

これも結末の方なんですが、遊園地で犯人と警察が戦うシーンがありますが、遊園地のメリーゴーランドがいきなり動くんですよね。いや、お前どうやって動かしたんだと。そんな技術があるなら最後までバレないように戦えよw。演出としても酷いし、お話的にも全く噛み合いません。酷い酷い。

 

その4。犯人が分かりすぎる。

犯人の人間が途中から、普通の人のふりをして出てくるんですが、最初からスゲー怪しいし、分かっちゃうんですよね。いや、これ犯人じゃね、って最初から思ってましたよ。意外性もないし、そのうえ怖くもないし。ちなみにこの犯人役が成田凌なんですが、もう少しアクの効いた人はいなかったんですかね?いま話題の人を出せば人が来るなんて、手抜きすぎますよw。

 

その5。警察官が弱すぎる。

犯人と対峙したときの警官が弱すぎて、白けます。何ですか、一般人相手に喧嘩して吹っ飛ばされるてw。そして千葉雄大を使うって、他に誰かいないのかい!おかげでアクションにもサスペンスにもなってなくて退屈です。

 

その6。役者の無駄遣いが多すぎる。

最後に役者について。主役にも脇にも有名な人を並べすぎです。

その人たちを悪く言っている訳じゃないですが、見たことがある人をいっぱい並べられると、映画自体ではなくその人たちを見ている気がして嫌です。北川景子田中圭要潤バカリズムにおまけに成田凌筧美和子って、テレビドラマで随分見てるし、他に居ないんかい、みたいな奴らじゃん。あまり知られてないけど演技が上手い人、もっといるだろ。まぁ、それだと人が来ないんでしょうね。やれやれ、難しいものですな。

 

 

こんな映画を話題にするのは嫌なのですが、こんなのしか作らない日本映画ってどうなんですかね?日本アカデミー賞とか、めちゃくちゃどうでも良いけど、これが流行るようなら、もうやんなくて良いんじゃない?ホントに、これが話題になる日本って病んでるよな。

 

と、いうことで、二作目もどうせこんな感じでしょうから、観に行かなくて良いんじゃないかな。こんなのに1000円出すとかあり得ないしw。まぁ白石麻衣ちゃん目当てに行くなら止めませんがw。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。