ぼっちですが何か?

とある精神病持ちのブログ。コンセプトは「一人でも楽しく」。映画、ドライブ、一人旅、などなど、ぼっちでも楽しめる情報を配信中。

読書感想:『ゆるミニマルのススメ』①快適空間を作るための物選び理論が面白い。

良い片付け本を見つけた。

片付け本の中でも、文章少な目のイラスト付きで読みやすい。そして、著者特有の物選びの考え方が面白かった。。参考になる人も多いだろう。

イラスト多めの本だから画像多めに、僕の感想は短めにレビュー。

 

f:id:naocchi3:20171023174252p:plain

導入部分。物選びの基本がかかれている。

物を買う時、「他人の目線」で買ってしまう時は、誰しも一回はあると思う。しかし著者は、人の評価からリタイアすることを提唱している。

ホント、そうなんだよね。でも、そうやって買ったものに限って使わない。むしろ邪魔になって、生活スペースを圧迫して、不快感を醸し出してしまうのだ。これで良いんだ、という自分の基準を持つのは超大事。

 

 f:id:naocchi3:20171023174358p:plain

家はファーストプレイス家が散らかってるとホント何やっても面白くない。使わない物で部屋が溢れていると、目に入っただけで嫌な気持ちになる。いちいち避けて歩くから集中力を奪われる。良いこと無し。これでは、家が嫌いになってしまうよ。やはり、家を快適な空間に保つというのは、いろんな面で重要だ。

 

 f:id:naocchi3:20171023174525p:plain

すっきり暮らせない理由を、4つのタイプに分類している。これが、面白い。大体の人は、この4つのどれかに当てはまると思う。

ちなみに僕は1か4。良いと思って買っても、その先の事を考えてないから、結局使わない。でも、せっかく買ったから捨てるのは勿体ない。という悪循環。

僕の感覚だと1が多い気がする。衝動買いしてすぐに使わなくなるパターン。買い物はもう少し賢く行いたい。ちなみに着ない服が溜まっていく人は絶対タイプ1。間違いない。

 

次の記事で、このタイプ1の特徴を紹介しながらレビューしていく。皆も快適な暮らしの参考にしてみて。

で読めるぞ。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com