ぼっちですが何か?

地方国立大卒ニートの生活記録。精神病持ちです。

この世に平和など存在しない。常に外敵に備えておくべし。

「平和」という状態に慣れすぎている今の日本は、果たして本当に平和でしょうか?

僕はそうは思わない。今の日本の平和は、敵からわざと与えられているもので、水面下では侵略が進行しています。

 

常に敵の存在を意識しろ

平和な時、人は敵の存在を意識しているでしょうか?少なくとも、今の日本はそうではありません。平和に慣れすぎて、その状態が当たり前だと思い、ホントに平和なのか?と疑う事すら忘れています。

日常生活でもそうだが、特に外交や国防では、常に敵の存在を意識し、有事に備えておかないといけない。「うちらは平和主義だから敵は攻めてこないよ」と言うのは、最強の平和ボケで、今の日本がその状態です。

今の日本の状態では、敵は攻め放題だ。国民の頭はお花畑で、国を守る仕組みは欠陥だらけ。これで、よく国が存続しているなと不思議に思うくらいです。

 

「平和」などホントは存在しない

敵を常に意識している状態が望ましいと書きました。つまり、平和なんて本来は存在しないんです。

敵から攻撃されない状態を作るには、常に敵の動きを監視している必要があるし、有事に備えて十分に対応できるだけの能力が求められます。

そのための、国民は外敵が侵略してくる事を想定し、ニュースやメディアの報道に対して常に疑って掛からなければいけない。そして、国は防衛の体制を整備している事が必須だ。そう、国民や国の中に、「平和」という考えは本来ないはずです。

しかし、日本は全くそうでは無い。ニュースが嘘を放送している事にも気づかず、国を守る気が一切ない。今の暮らしが当たり前に続くと思い、有事を全く考えない体質が長々と続き、遂には敵の侵略を許しました。

 

 

平和は良くない

国民が「平和だ」と言える状態って、ホントに良くないですね。それは裏で物凄い計画が動いている可能性があり、その状態では「平和」は長くは続かないからです。

何が言いたいかと言うと、

・常に危機感を持つ

・最悪を想定する

・テレビや新聞などのメディアの情報には、常に疑って掛かる

 

というのが大事です。敵は政界、メディアなどに進出してきています。国民の意識を洗脳し、周辺諸国に利益を横流しにするのが目的です。明らかに売国的な政策を作る政治家がいるのは、そのせいです。

 

「平和」と自覚する事の恐ろしさを、理解して下さい。日本の暮らし、じわじわと脅かされているのです。

 

naocchi3.hatenablog.com

naocchi3.hatenablog.com

 

 

[ぼっちですが何か?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。